スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
<< 登山のこと | main | 止まる >>

好きとか性分とか

日暮れの時間が早くなってきた。
秋の気配。




年齢を積み重ねていく毎に、
自分にとって何が大切だとか、好み、心地よいものやスタンスが明確になっていく。
それがその人らしさや個性であったり、その人のその人たる所以として表れる。
人と違っている事を否定して、周りと同じようであろうとすればそのうち歪みが出てくる。
本来の自分の持つ「良さ」を、そうだと認められない時に否定が始まる。
個人的ないい悪いの観念で判断する事は、誰にとってもそれが真実ではないと知っている事が大切。
いいも悪いもなくて、ただ全てはそうであるだけ。
あるがままってそういう事。
判断する価値観を周りに押し付けない。
理解しにくいと感じる価値観は、違ってるんだとただ認めるだけでいい。
統一的に物事を見つめる視点を持てるよう、何をもそのままで認めるだけでいいとする強さ。
好き嫌いも、どうしようもない性分も、内なる苦しみも、
それらがあるから自分であるという事なんだと思う。
自分の偏りも、そのままを認めて受け入れる。
その方が「周りからどう見られるか」で生きて自分が分からなくなるよりよっぽどいい。
葛藤も、苦しみに気付いているからこそ生まれるもの。
そうしながら自分を知って、大切にしていく生き方が「善く生きる」という事なんじゃないかと思う。






朝晩涼しくなり、秋の夜長は虫たちの鳴き声が耳に心地いいです。
窓を開けて風を感じるのも嬉しい時期。

ポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村
| - | 10:57 | comments(0) | - | - |

スポンサーサイト

| - | 10:57 | - | - | - |
Comment










06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM