待つ

結果を急いだり、すぐにどうにかしようとして動いたりせず、
ただ成り行きを見守ってみる。
焦らずにじっと待つという事は何もしていないという事ではない。
じっと待ってみる、
そしてどう流れていくのかを感じてみる、そのゆとりや余裕があるという事なんだと思う。
結果に執着があるほど、
どうにかして自分の思いを果たそうとしてじっとしていられないのかもしれない。
エゴを手放している時ほど、ただ流れに乗るだけでいいんだと身を任せていられる。
静かな自信、適切な態度、自然な振る舞いを心地よく身に付けている人に調和を感じるし、
している行為とその人自身が一つになっているように思う。
自分を知っている、何を大切にする事が自分らしい事なのか、
そういった事に気付いていたり知ろうとしている姿勢を大切にして、
無理なく自分のペース、ゆとりを持ちながら生きる。
自分をそのままで認められるって、それはある意味強さでもあり、
そんな強さがあるから周りのそのままを、いい悪いを超えて受け入れられる。
そして無理に思い通りに変えようとするんじゃなく、
善くなっていくように思いをかけて待っていればいいと知っていられる。








ぐいぐいと動いていく感じ、今それぞれの何かがそんなふうに満ちていこうとしている時。
チャンスに見えないような苦しい事が、大きな転換に向かうための機会だったりする。
恐れずに扉を開けられますように。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村
| - | 13:10 | comments(0) | - | - |

転換点

嵐が過ぎ去り、今朝はとても静か。
まるで、外から聞こえてくる音も嵐と共にどこかへ連れ去られたみたい。
静けさに包まれるって穏やかで心地いい。
自分自身もこんな静けさをどんな時にも内側に持っていたい。
今年になって特にそう思いを巡らせる事がよくある。
空気が入れ替わり、空は澄んで見え、
嵐はいろんなものを刷新する、そんな象徴なんだと思う。
先週の蝕から24日の蝕までに展開していく事、その間の台風。
起こる事に身を任せ、
大いなる意志の思し召しのまま、良き計らいしか与えられない事を信じる。
歩んでいくところに自然と自分の道が出来ていく。



数日前、ピンク色に染まった夕方の空。
秋はこんな色が見れるから好き。




クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村
| - | 22:39 | comments(0) | - | - |

奉仕

昔は奉仕という言葉の意味について、
見返りを求めずただ人のために尽くす、そんなふうに捉えて考えていた。
今思う奉仕は、自分の役割を果たす事、
そうしている事が誰かや何か、自分を満たす事になる、それが自然と奉仕になっている、
そんなような事じゃないかと考えている。
では自分の役割とは何だろう?と、探してみてもどこにも答えは見つからなくて、
今目の前に起こる事に意識をちゃんと持って、そこに集中しながらただする。
それがいつの間にか自分にしか出来ない何かに繋がっている、
きっとそういう事なんじゃないかと思う。
答えを外側の何かに求めたり、
役割という何かの名称やポジション、資格をを持つ事が自分の到達点になったとしても、
それをいかに活かして自分のものとして扱えるのかが大切な事。
地位や名誉など外からの付け足しに安心したり、そこに胡座をかくのではなく、
自分らしく生きる生き方を楽しんでいる事が周りに伝わっていく、
それが奉仕なんじゃないかと今はそう思う。
何か特別な事をする必要はない、
したいと思う事をする、それだけでいい。
一人ひとりが無理なくそんな生き方を自然に出来ていれば、
その空気や生み出されるものはきっと心地いいものに感じられる。
まずは自分をどう満たしていくか。
どう在りたいかに意識を向けて、
しなくちゃいけない事に追われる時こそ立ち止まって、これでいいのか考えてみる。
しなくちゃいけない事をどれだけ「したい事」として捉えられるか、
実はしなくちゃと思い込んでいるだけの事って案外あるものなのだ。
「やりたい事だけをするのは難しい」というのも思い込み。
思い込みの枠を作っているのはいつも自分である。
狭くて騒々しい世界に居るような環境を選び、共鳴するなんて勿体無い。
それもまた全体の一部として必要な事なのだろうけど。
見せてもらい、考える。
「自分はどう在りたいのか」






今年は金木犀の香りがもうしてきたり、ハナミズキの実が付くのも早い。
秋が長いのは嬉しい。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村
| - | 10:25 | comments(0) | - | - |

解放

思い込んで決めつけていることを一つずつ手放ししていく。
過去の経験と今起こる事を繋げて捉えるのではなく、
その度に今、今どうなのかを先入観なしで感じるようにしてみる。
以前にそうだったから次も同じだと決めつけてしまう事で、制限や枠が生み出される。
いつも今が新たな瞬間としてある事を忘れない。
過ぎていった事に囚われ過ぎずにいれば、これから経験する新たな瞬間にオープンでいられる。
許すとか、受け入れ受け止めるってそういう事なのかもしれない。
解放していく。
自分が作り出した決めつけや枠から自分自身を解き放つ。
自由はいつも内側に持っていられるもの。
制限を手放した時、自由な自分に気付いていく。
変わっていく事、変わらない事、すべてをありのままで許していく。
いい悪いは、何も、どこにも、本来はないんだとどこまで洞察できるかによって、
私たちの意識は広がっていく。






今日24日は新月でした。
月の気がとてもパワフルで、充電させてもらえたよう。
新たなサイクルのはじまり。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村
| - | 22:10 | comments(0) | - | - |

真実を見極める目

最近一段ときれいに見える秋の空



人生日々勉強。
何をどう感じたり、考えて気付いたりしていくかを繰り返しながら成長していく心や意識。
些細な事から感じ取るもの、味わえる事を深めていくと、
以前には感じ取れなかったものに出会える。
自然の豊かさや大きさ、四季の移ろいの中にある変化や美しさ、人との関わり方、自分という存在、
それらを含めたあらゆる事象を、より深く知っていく事で心が豊かになっていく。
何を通してそうなっていけるか、
自分を見つめるために必要なものは人それぞれに違っている。
興味の向く先、ずっと好きな事、仕事を通してだったり何でもいい。
何となく過ごす日々の中に、少しでも何か夢中になれる時間を持つだけでもいいし、
続けられる何かに出会う事も学べる機会になる。
何でもない日常の中に生まれる些細な何かを深く感じ取れるとか、
ふとした瞬間に突然、言葉に出来ないような思いが湧き上がってきて、
それまで感じる事のなかった世界が急に目の前にやって来るような時が訪れる。
じんわり内側があたたかくなるような、そんな瞬間を体験するという感慨深さ。
魂が揺さぶられる感覚ってそういうものなのかもしれない。
薄っぺらな、外で起こる競争や比較する事、勝ち負けで判断するような成功など、
目に見えるものだけに価値を置く事では味わえないもの、
その中にこそ真実があり、心の成長や豊かさがある。






音楽をかけずに、自然に聞こえてくる音に耳を澄ますのが最近のお気に入り。
そんなものからも季節や自分の心を味わえるなぁ。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村
| - | 10:04 | comments(0) | - | - |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM